気になるウォーターサーバーの電気代!どのくらいかかる?

電気代は300円から1,000円など様々です

ウォーターサーバーを選ぶ時、水の種類や値段、サーバー本体のレンタル料金などを比較する人は多いと言えましょう。
冷水もしくは温水をいつでも給水出来るウォーターサーバーは電源を供給する事で冷たい水とお湯の利用が出来るなど、電気代にも注目しておきたいものです。
電気代は、1ヶ月300円程度で済むタイプもありますし、1000円前後の電気代が掛かるタイプなど様々です。
一見、電気代はウォーターサーバーの水の容量に関係しているようにイメージする人も多いのではないでしょうか。
しかし、ボトル容量が7.2リットルや12リットルなど、ボトル容量に関係なく、サーバー本体の性能で消費電力が変わります。
性能が良い製品ほど消費電力が小さい、そして電気代が掛からないわけです。

お湯や冷水を作る時には多くの電力が必要です

電気代は月額300円前後のウォーターサーバーもありますし、1,000円前後の電気代がかかるウォーターサーバーもあるなど様々です。
ウォーターサーバーは夜間も電気を供給し続ける事になるので、夜間だけ電源コンセントを抜いておけば、電気代の節約が出来るなどのイメージがあります。
しかし、朝起きた時にインスタントコーヒーを淹れたい、紅茶やお茶を飲みたい時など、お湯が沸くまでに時間が掛かりますし、お湯や冷水を作るためには多くの電気を利用するため、不経済な使い方になってしまいます。
最近のウォーターサーバーの中には、夜間など利用しない時に節電が出来るタイプも登場しており、こうしたウォーターサーバーを活用すれば電気代の節約が出来ます。

子育では目が離せない時期があります、そこでウォーターサーバーを赤ちゃんの育児に活用して負担を少しでも減らす一助として活用するのが良いです、安心度が高い水でミルクやお湯を沸かす手間もなくなります。